市販されている薬を見てみると、『第二医薬品』や、『第三医薬品』と書いてあります。

第一、第二、第三といわれるとなんとなく、第一の方が効き目が強くて取扱いに注意しなければいけない医薬品なのかな?というイメージはありますが、これらの厳密な違いって何なのでしょうか?

医薬品には第一、第二、第三医薬品以外にも、医療用医薬品や要指導医薬品などの分類もありますが、ここではこれらも合わせてまとめていきたいと思います。

これが結論!一般医薬品(第一、第二、第三)の違い

まず分かりやすいように簡潔に結論から見てみましょう。

第一医薬品:薬剤師による説明が必ず必要な医薬品

第二医薬品:薬剤師または登録販売者の説明を努力義務とする医薬品

第三医薬品:薬剤師または登録販売者の説明を必要としない医薬品



このようになります。

第二、第三出てくる登録販売者というのは、改正薬事法によって新たに作られた制度で、登録販売者試験という国家資格の保持者のことを言います。
薬局などで薬剤師と共に勤務している場合が多いです。

第一類は薬剤師のみが販売できるものですので、分かりやすいのですが、第二と第三の分類がいまいち分かりにくいですよね。

販売に際しての法的な縛りも、基本的には第二医薬品と同じ扱いを受けるので、第三医薬品も第二医薬品の一部というイメージです。
benzu
第二医薬品と第三医薬品の違いを一言で表すなら、『第三医薬品には購入者からの希望がない限りは商品説明をする必要がない』ということです。

第二医薬品は第一ほど副作用などの危険性のリスクは低いが、もし副作用などが発生した場合には日常生活に支障をきたす可能性が考えられるものですので、薬剤師や販売登録者のみが販売を許され、その薬に関する注意事項などの説明が義務付けられています。

ただし、法律はこの辺が曖昧で、あくまでも第二医薬品に関する説明義務は『努力義務』としているため、一般的な法律のように『~しなければならない。』と強制している訳では無く、『~するように務めなければならない。』という書き方をしています。

つまり、理論上は務めてさえいれば例えば説明をしなかったとしても罰則の適用外ということです。

医療用医薬品、要指導医薬品とは

医薬品の中でも最も効き目が強く、副作用なども深刻なものが起こり得る可能性のあるものが医療用医薬品です。

これは医師の処方箋なしで購入することは原則禁止されているため、薬剤師でも販売することは出来ません。

これ以外の医薬品を一般医薬品と呼んでいて、一般医薬品の中に第一、第二、第三医薬品が含まれます。

一方、要指導医薬品というのは『医療用医薬品では無いけど、一般医薬品というにはちょっと危険性が高い』という非常に中途半端な状態のものを言います。

医療用医薬品から外されて間もない医薬品などが基本的には該当して、安全性に関する評価などがまだ定まっていないものです。

薬局・薬店・ドラッグストアなどで処方せん無しに購入できる医薬品であるOTC医薬品(一般用医薬品)

医薬品の分類まとめ

以上のことをまとめると次のようになるでしょう。
iyakuhin

上から下に行くにつれて薬の効き目が穏やかになって良き、かつ副作用も少なくなると一般的には考えて大丈夫です。

ただし、これはあくまでも制度上の形式的な分類であって、人によっては第三医薬品であっても重篤な副作用が出るケースは考えられますので、自己判断で医薬品を買う場合には薬剤師のいる薬局で相談をして購入したいですね。

再春館製薬所の『痛散湯』が無料で試せます

かの有名な再春館製薬所が誇る漢方薬である『痛散湯』が無料キャンペーンを実施中です。 試供品で満足した人のみに続けていってほしいという再春館製薬ならではのこだわりにより行われている無料キャンペーンです。 ⇒再春館製薬の『痛散湯』を詳しく見る