アルコールと薬の同時摂取は危険だということは色々なところで言われているので、一度は聞いたことがあるでしょう。

アルコールも薬も、肝臓によって代謝されることから、一方の代謝が上手くいかず毒性が現れる場合があると言われています。

薬によって毒性の出かたは様々ですが、副作用が顕著に表れるものや、本来は考えられない重篤な副作用が起こる場合などが考えられます。

実際にはすべての薬がアルコールとの併用禁止という訳ではなく、一部にはアルコール成分によって薬効が増す薬も存在していますが、それであっても意図的にお酒を飲むことなどはせず、内服薬とお酒は同時摂取しないようにするということを覚えておきましょう。

また、普段から恒常的に飲酒をしている方の場合は、飲酒をしていない人よりも薬の効き目が表れにくくなることもあります。

アルコールと内服薬の関係

アルコールと薬を同時摂取することが悪いと言われている理由にはいくつかありますが、同時摂取した場合の体内の働きを簡単に見てみることにしましょう。

まず、アルコールも薬も代謝されるのは肝臓です。

アルコールはエタノール→アセトアルデヒド→酢酸という風に分解されるのですが、この中で関与している分解酵素が一般にMEOSと言われるミクロゾームエタノール酸化酵素系です。

この酵素系はアルコールを分解する作用がある一方で、薬の代謝にも関与します。

ポイントはアルコールも薬も代謝される部分や酵素が同じであるということです。

代謝される仕組みが同じであるということは、本来なら順調に代謝されるはずのアルコールや薬が互いに邪魔しあうことによって上手く代謝されずに体の中で有害な状態で長時間残ってしまうことになります。

MEOSという酵素系は、お酒を常日頃から沢山飲む人の体内にはたくさん存在しています。

お酒をたまに飲んだりすると『最近弱くなったなぁ』と感じるのは、このMEOSが減少しているためです。逆に、お酒を毎日飲んでいると強くなった気がするのはMEOSが増えている証拠ということになります。

日常的にお酒を飲んでいる人は薬の効き目が感じにくくなってしまうのは、このMEOSが増加していて必要以上の速度で薬を分解してしまうことが原因です。

アルコールと薬の飲み合わせが良くないと聞くと、体内でよくない化学反応が起きているようなイメージをしますが、実はこの様な理由があったんですね。

鎮痛剤とアルコールを同時摂取すると?

腰痛や坐骨神経痛に悩んでいる場合に飲む薬と言えば、ロキソニンやボルタレンなどの鎮痛剤が多いと思います。

ロキソニンもボルタレンも、胃に対して大きな負担を掛ける薬です。
飲酒などは関係なしに、ロキソニンを飲み続けていたら胃痛が酷くなったり、下痢などを引き起こしたという人は少なくないと思います。

このように鎮痛剤は全体的に胃に大きな負担を掛けますので、同じく胃を荒す作用のあるアルコールと同時に摂取することでよりこの副作用が顕著に現れることになります。そのため、そもそも胃が弱かったりする人は特に注意が必要だと言えますね。

また、同じく解熱鎮痛剤であるアスピリンやアセトアミノフェン、イブプロフェンなども胃を荒したり肝機能障害を引き起こすことが知られています。

市販薬ではイブやバファリン、ノーシンなどとして売られていますが、これらを自ら購入して自己判断で飲む場合にはアルコールとの同時摂取になってしまわないように注意が必要です。

鎮痛剤とアルコールの同時摂取は、生命にかかわるほどの重篤な症状を引き起こすという訳では無いようですが、違う疾患を併発してしまう恐れは十分にありますので意識的に避けるようにしましょう。

適切な時間間隔

内服薬とアルコールの同時摂取がいけないことはお分かりいただけたかと思いますが、どの範囲が同時摂取になるのか疑問ですよね。
つまり、アルコールを摂取した後、何時間あければいいのか?などの間隔の問題です。

結論から言えば、この間隔は人によって大きく異なってきます。

男性と女性でもアルコールの処理能力に差はありますし、年齢やアルコールへの耐性によっても変わってきます。

そのため、一概に言うことは出来ませんが、あえて目安として具体的な数字を出すのであれば6時間くらいでしょうか。

アルコールであれば6時間程度空ければ酔いもさめ、体内のアルコールはほぼ無害の状態に分解されています。

薬も薬効成分が血液中に浸透して全身に行き渡り、薬の効果がピークを迎え落ち始めるのが6時間経過後くらいです。

痛みが強く表れている場合などには、そもそも飲酒をする気さえ起きないかとは思いますが、付き合いなどでどうしても飲まなければならないという時にうっかり薬を飲んですぐの飲酒などと言うことにならないように気を付けたいですね。

再春館製薬所の『痛散湯』が無料で試せます

かの有名な再春館製薬所が誇る漢方薬である『痛散湯』が無料キャンペーンを実施中です。 試供品で満足した人のみに続けていってほしいという再春館製薬ならではのこだわりにより行われている無料キャンペーンです。 ⇒再春館製薬の『痛散湯』を詳しく見る