運動不足と坐骨神経痛の関係に関しては昔から議論されています。

『運動不足になると筋肉が落ちるから腰の負担が大きくなって腰痛や坐骨神経痛が発生する』という意見や、『運動不足は坐骨神経痛などの直接的な原因にはなりえない』とする意見もあって、どちらを信用したらいいのか分かりませんよね。

坐骨神経痛を含める腰痛もちは日本で推定約2800万人存在すると言われています。まさに国民病とも言うべき数字です。

これだけ多くの人が悩んでいるのにもかかわらず、分からないことが多く、間違った知識を持っている人も少なくありません。

腰痛のメカニズム

坐骨神経痛に限定した詳し発生原因やメカニズムに関しては坐骨神経痛とは?や、坐骨神経痛を引き起こす疾患まとめで書いていますので詳しくはそちらを参照してください。

国民の多くが抱える腰痛の根本的な腰痛の発生原因として現在考えられているのは椎間板のズレです。

背骨のひとつひとつを構成している腰椎の間に存在する軟骨成分を椎間板といいますが、椎間板のズレというとヘルニアを思い浮かべてしまいます。

椎間板ヘルニアという病名があるくらいですから、そう思っても無理はないのですが、実はヘルニアに限らず腰痛を抱えているほとんどの人の原因はこの椎間板のズレに隠されているというのが近年最新の研究で分かっていることです。

椎間板の中心にはゼリー状の髄核と呼ばれるものが存在します。
この髄核は主に衝撃を吸収したりする役割を体の中でになっていますが、この髄核が何らかの理由によって中心からズレてしまうことで腰回りの様々な部分に影響を及ぼすと考えられています。

髄核が中心よりずれてしまう原因としては、姿勢の乱れやスポーツなどの外的な要因、同じ姿勢をずっとしていることなど様々あり、一概には言えません。

運動不足が坐骨神経痛を引き起こす?

坐骨神経痛やぎっくり腰などの腰痛全般で昔から言われていたことは、『痛みのあるときは基本安静』ということでした。

ただ、この安静というものに対して今の医学界では疑問視する声が圧倒的に多いのです。
それどころか、最新の研究によっては運動をせず安静にしていることによって腰痛や神経痛が慢性化して完治までの期間が長引く恐れもあるというのだから驚きです。

昔は良いと思われていたことが今では悪いとされることはよくありますが、これもその典型ですね。

この新事実に関しては東京大学病院の松平浩教授の研究によって報告されています。

松平先生は腰痛研究の権威で、世界的に腰痛に関する論文を多数執筆されている方です。

『腰痛は脳で治す! 3秒これだけ体操』の著者でも有名ですね。

腰痛は脳で治す! 3秒これだけ体操

松平先生曰く、運動不足が原因で腰痛が引き起こされるということは昔から言われていたが、腰痛のひとつの原因という訳では無く、むしろ腰痛を持っている人のほとんどがこの運動不足に原因がある。という趣旨の発言をされています。

腰痛界の新常識

運動不足によって腰痛が引き起こされるのは、血行不良や筋肉の緊張などが考えられます。

これは人それぞれ違ってくるものですが、研究の中で腰痛を持っている患者さんで安静にしている人とある程度仕事などで動いている人に追跡調査などをして明らかになったのが安静にしている方が慢性化したり悪化してしまう可能性が高いということなのです。

実際に腰痛や神経痛で寝たきりになってしまい、さらにその症状が悪化するケースは多く見られます。

動かないことで腰痛になるのは他の病気でも同じで、脳梗塞などで長期間入院した患者さんがほぼ1日中寝たきりだったことで腰回りの血行が滞り腰痛を発症するケースも珍しくありません。

ですので、腰痛や神経痛でもある程度の運動は必要だということです。

『腰痛といえば安静』という考え方は今の時代通用しなくなってきています。

ただ、ひとつ注意なのは勿論痛みを感じながら無理に運動をすることは松平先生も推奨していません。

あくまでも無理のない範囲で体を徐々に動かしていくことが大切だと言っていますし、腰に負担の掛かる運動はやめるべきとも言っています。

再春館製薬所の『痛散湯』が無料で試せます

かの有名な再春館製薬所が誇る漢方薬である『痛散湯』が無料キャンペーンを実施中です。 試供品で満足した人のみに続けていってほしいという再春館製薬ならではのこだわりにより行われている無料キャンペーンです。 ⇒再春館製薬の『痛散湯』を詳しく見る