美容や健康食など、様々なところで耳にするオメガ3脂肪酸ですが、実は腰痛や神経痛などをはじめとする疼痛の改善にも効果的だと言われているのをご存知でしょうか。

軟骨成分としてグルコサミンやコンドロイチンは有名ですが、オメガ3脂肪酸が疼痛に良いというのはあまり聞きませんよね。

食事で経口摂取することの出来る栄養素ですので、普段の食事などに意識的に摂り入れるようにしてみるといいかもしれません。

オメガ3系脂肪酸ってどんな物質?

オメガ3脂肪酸とは、EPA、DHA、α-リノレン酸などの栄養素群を言います。

EPAやDHAと聞くとサンマやサバなどの青魚が思い浮かびますね。

青魚を食べると脳の働きをよくするとか、記憶力が良くなるというように、一般的には細胞が正しく機能するために不可欠な栄養素として知られています。

また、青魚以外にも、近年話題になったエゴマ油や亜麻仁油などにも豊富に含まれることが知られています。

このような調味料は使う料理になかなか悩むことが多いですが、サラダやみそ汁、おかずなどに食べる前に少しアクセントとして掛けるだけでも1日の摂取量としては十分な量を取ることが出来ます。エゴマ油や亜麻仁油そのものには強い香りがないため後付けてちょい足ししても料理本来の味を損なうことなく栄養分を摂取することが出来ます。

この他にも、緑黄色野菜にも豊富に含まれることが分かっていますので、野菜は積極的に摂るようにしましょう。

オメガ3系脂肪酸の健康効果

オメガ3脂肪酸の体に与える影響は非常に大きいと言えます。

広く知られているのは美容への効果です。肌代謝の促進と抗炎症作用がオメガ3脂肪酸の代表的な効果で、肌のターンオーバーを正常な状態に整え、ニキビや肌荒れなどの原因となる肌表面の細菌を殺してくれる効果もあります。

これだけでも素晴らしい効果を持っているのですが、実は最も注目すべきは血液への影響です。

オメガ3系脂肪酸には血液中の脂質濃度を下げる効果があることが知られており、血中コレステロールや中性脂肪を減少させ、動脈硬化などを予防してくれるのです。

疼痛に良いと言われている理由

血液をサラサラにしてくれる効果をもつオメガ3系脂肪酸ですが、これが神経痛などの改善とどのように結びついているのでしょうか。

オメガ3系脂肪酸に対して、ごま油やサラダ油、マヨネーズなどに含まれるオメガ6系脂肪酸は体に悪影響を及ぼすことが分かっています。具体的には、オメガ6系脂肪酸が増えることにより、炎症の原因物質であるロイコトリエンという物質が発生します。

このロイコトリエンの働きをオメガ3系脂肪酸が弱めてくれることにより、炎症を鎮めてくれるのです。これは一般的に拮抗作用などと呼ばれたりしています。

また、腰痛患者に多い症状として、血行不良によって血液が患部に滞っている場合があります。この症状を解消してくれることによって痛みが改善されるというのも血液をサラサラにしてくれるオメガ3系脂肪酸の直接的な効果とも言えますね。

再春館製薬所の『痛散湯』が無料で試せます

かの有名な再春館製薬所が誇る漢方薬である『痛散湯』が無料キャンペーンを実施中です。 試供品で満足した人のみに続けていってほしいという再春館製薬ならではのこだわりにより行われている無料キャンペーンです。 ⇒再春館製薬の『痛散湯』を詳しく見る