足やお尻のあたりにビリビリとしつこい痛みを覚えたり坐骨神経痛と診断されてから通院はしているものの一向に症状が良くならないという話はよく聞きます。

坐骨神経痛は治らないという話を信じている方が多いように感じますが、これは嘘です。
腰痛や坐骨神経痛は適切な治療法と根本的な原因を突き止めることで完治させることができます。

確かに難しいケースもあるようですが、それでも日々のケアを継続していくことで痛みない生活を送ることが出来ると言われてます。

筋肉のコリを無理やりほぐそうとするのは危険

整体や接骨院などで坐骨神経痛といわれ、筋肉が凝り固まっているのが原因という診断を受けることがあります。

この場合、筋肉のコリをほぐす為に患部を強く押したり揉まれることがおおいのですが、これ場合によっては非常に危険だというのをご存知でしたでしょうか?

今までマッサージや骨盤矯正などの治療をしてきたけど一向に治らないという方は非常に危険な治療をしてきていたかもしれません。

坐骨神経痛とマッサージは相性が悪い!?

これを聞いて驚く方もおおいのではないでしょうか。
坐骨神経痛でお尻や太もも、ふくらはぎなどに痛みが出ているとマッサージをしたり揉みほぐしたりすることで良くなるような気がします。

しかし、実は普通の腰痛などと違い、坐骨神経痛とマッサージは相性が悪いことで知られています。

この相性の良し悪しというのは坐骨神経痛を引き起こしている原因によって大きく変わってくるのです。

それ本当に筋肉のコリによるものですか?

整体などでマッサージをして余計に症状が悪化したと言う方にお聞きします。

それは本当に筋肉のコリが原因でしょうか?

整体や整骨院などの先生に言われると疑いもなく信じてしまいがちですが、実際にMRIなどで詳しい検査をしてみると原因は他にあったと言うことは珍しくないのです。
特に椎間板ヘルニアや狭窄症などが原因となって引き起こされる坐骨神経痛にはマッサージは相性が悪いのです。

一般的には揉み返しと言う言葉で表現されますが、そのまま合わない治療を続けていると症状はどんどん悪化していく可能性があります。

確かに筋肉の硬直やコリが原因で坐骨神経痛が発症することはあります。
そしてマッサージによって改善することもありますが、このような症例は非常に少ないと思っていいです。

逆に、坐骨神経痛を患っている人の多くは椎間板ヘルニアや狭窄症と言ったことが原因であることが多いと言うことはしっかりと覚えておきましょう。

坐骨神経痛に効く治療法

では坐骨神経痛に相性のいい治療法はどう言ったものなんでしょうか?

感のいい方は既にお気付きかもしれませんね。
そうです。刺激の少ない治療法こそが坐骨神経痛を治す上でのポイントなのです。

刺激の少ない治療法とはつまり自分が痛くない範囲で出来るゆったりとしたストレッチです。
ストレッチなんかで治るの?と思われると思いますが、坐骨神経痛を完治レベルまで持っていった方の多くはこのストレッチを実践されたかたなのです。

痛みの伴う治療や高額な治療法の方が効果があるような気がしてしまいますが、本当はそんな必要はなく自分で治すことが出来るのです。
体に負担の掛からないストレッチによって解消を目指しましょう。

坐骨神経痛による辛い痛みを今すぐ解消したい方はこちら

再春館製薬所の『痛散湯』が無料で試せます

かの有名な再春館製薬所が誇る漢方薬である『痛散湯』が無料キャンペーンを実施中です。 試供品で満足した人のみに続けていってほしいという再春館製薬ならではのこだわりにより行われている無料キャンペーンです。 ⇒再春館製薬の『痛散湯』を詳しく見る