今回はMRIに関してよくある疑問をテーマにしていきます。

そのテーマというのが、『MRIを即日予約なしで受けることは出来るのか?』というもの。

この様な疑問を持っている方には、腰痛を感じている方もいるでしょうし、坐骨神経痛に悩んでいる方もいると思いますが、恐らく整形外科などからMRIを撮ったほうが良いとは言われていないけど、不安だから検査をしてみたいと思っている方が大半だと思います。

というのも、整形外科でMRIを撮るように指示された場合には基本的にその病院からの紹介状があり、かつ予約というのが一般的だからです。

即日撮ってくれるところはある?

まず、結論から言うと、MRIを予約なしで即日撮ってくれるところはほとんど無いと思っていいです。

MRIというのは基本、一般の方からの予約や問い合わせには応えておらず、予約をするにしても整形外科などからの紹介状を書いてもらう必要があります。

MRI検査をするのは多くの場合、大学病院や総合病院などの大型病院ですが、最近ではMRIやCTなどの高度な画像診断のみを専門に扱っている施設も増えてきています。

関東圏で有名なのところだと、メディカルスキャンニングなどがあります。

このような施設も自由診療の方を受け入れてはいますが、通常は病院からの紹介によるものがほとんどです。

ちなみに画像診断を専門に行っているメディカルスキャンニングのようなところでも完全予約制が基本になっています。

MRIやCTなどの画像診断時の注意点

自由診療の場合と病院からの紹介の場合では、ある程度開きはあるかもしれませんが、概ね予約は1週間先ぐらいになることが多いです。

自由診療の場合は自らが電話をして予約をします。
病院からの紹介の場合は医師から紹介状をもらい、所定の日時に行くことになります。

MRIやCTの画像診断は検査時間にある程度時間が掛かることなどからも、スケジュール的に詰まっていることが多いです。

数分であれば問題なく受けることが出来ると思いますが、30分や1時間遅刻をしてしまうと当日に検査できなくなる可能性もあるので、あらかじめ早めに検査機関には行くようにしましょう。

基本的にMRI検査は保険の適用範囲内ですが、保険の適用があってもなくても健康保険証は持参するようにしてください。

また、これは比較的知られていることでもありますが、アクセサリーなどの金属や入れ歯など時期を阻害するものは着用が禁止されています。

この他にも、女性の方で注意したいのがお化粧です。

アイシャドウなどには成分として金属が含まれていることが多いため、検査前に落とすことが多いですので検査当日にはファンデーションのみなど、控えめにお化粧をされることをオススメします。

再春館製薬所の『痛散湯』が無料で試せます

かの有名な再春館製薬所が誇る漢方薬である『痛散湯』が無料キャンペーンを実施中です。 試供品で満足した人のみに続けていってほしいという再春館製薬ならではのこだわりにより行われている無料キャンペーンです。 ⇒再春館製薬の『痛散湯』を詳しく見る