saisant

坐骨神経痛の原因として良く挙げられるのが運動不足。

そこで坐骨神経痛を改善するためには、日常生活の中で運動をしたり、体を積極的に動かしたほうが良いといわれたりしますよね。

皆さんの周りでも、ジョギングやウォーキングなどをして腰痛が治ったという事例をひょっとしたら聞いたことがあるかもしれません。

今回は良く議論される腰痛、特に坐骨神経痛などの症状と運動の関係について見ていきたいと思います。

運動は効果的だが注意点もある

適度な運動は確かに腰痛改善に効果があるといわれています。

そして実際に私自身も過去に運動を日常生活の中で取り入れるようにしたことによって、太ももの後ろのしびれや、つったような感覚というのが軽減されるのを実感しました。

しかし、注意していただきたいのはしっかりとタイミングを見て行うということ。

知ってた?坐骨神経痛には温めるべき時と冷やすべき時があります!』でも書いているように、基本的に対策をする時にはなんでもタイミングというものが重要になってくるのです。

今回の運動で言えば、当然痛みがとても強い急性期にはやってはいけません。

痛みが強い急性期には患部は炎症を起こしているため、運動どころか寝ていたり、楽な姿勢で寝ていたり、安静にしているのが正しい対象法です。

この時期に無理な運動をしてしまうと、余計に症状が悪化してしまう可能性が極めて高いため注意が必要ですよ。

運動をするならここに気を付けよう!

それでは急性期以外、つまり、強い痛みが引いて慢性的な痛みや違和感という風になってきたタイミングでの運動における注意点です。

こちらも基本的には無理で過度な運動はしないこと。というのが基本になってきます。

そもそも運動が推奨されている理由ですが、腰の周りの筋肉が衰えるためだと一般的に説明されています。

座ってばかりのデスクワークなど、普段からあまり体を動かさない生活を送っていると腰の周りの筋肉が衰え、さらには凝り固まってきてしまうために、体の体重を腰が支えきれずにヘルニアになってしまったり、筋肉が神経を締め付けて坐骨神経痛などの症状を引き起こすのです。

筋肉が衰えていても、凝り固まっていたとしても、共通して行いたいのは筋トレです。

ただ、筋トレといっても腹筋や腕立て伏せのような本格的なものではなく、ウォーキングなどで十分です。

また、坐骨神経痛に始まる腰痛の症状を抱えている方にとっての適度な運動というのは、自分が痛みを感じない範囲で出来る運動だということも押さえておきましょう。

人それぞれ症状は違うため、ウォーキングならいいとか、ジョギングはダメ、ということを一概にいうことは出来ないのです。

運動した方が良いといわれるとどうしてもジョギングなどのイメージがあるので、『これくらいじゃ運動にならないんじゃ・・・』と思われる方も多いともいますが、自分が出来る範囲で十分に体は運動したと認識してくれるので大丈夫です。

柔軟体操が出来るならさらに良い

坐骨神経痛の場合、太ももの裏やお尻の部分に痛みが出ることが多いので、柔軟体操をすることが出来ない場合が多いです。

しかし、もし痛みが引いてきて前屈などの柔軟体操が出来るような状態にあるのであれば、積極的に柔軟体操をするようにしてください。

腰は柔軟体操で治るといっても良いくらい重要なものです。

体が柔らかい人に腰痛持ちがほとんどいないのもうなずけますね。

今回の内容をまとめると、人それぞれ症状の程度の差はありますが、基本的には無理な運動はしないこと。

そして急性期には出来るだけ安静に、そして慢性期には痛みを感じないくらいの適度な運動を出来る範囲でするということですね。

再春館製薬所の『痛散湯』が無料で試せます

かの有名な再春館製薬所が誇る漢方薬である『痛散湯』が無料キャンペーンを実施中です。 試供品で満足した人のみに続けていってほしいという再春館製薬ならではのこだわりにより行われている無料キャンペーンです。 ⇒再春館製薬の『痛散湯』を詳しく見る