質問
現在、腰痛と坐骨神経痛に苦しんでいます。
以前通っていた接骨院では腰をひねったり患部を押したりして骨がなるような感じで骨盤矯正?的なことをされました。
しかし、現在通っている接骨院では温熱治療や電気がメインです。それどころか無理に腰をひねったりするのは逆効果で良くないといわれました。
意見が真逆で困惑しているのですが、どちらを信用すべきなんでしょうか?



『症状を引き起こしている原因によっては力任せの治療は逆効果です』

症状を突き止めることから

結論から言うとどちらも正しいです。
実際に以前通われていた接骨院の施術のように骨盤の矯正や骨格の矯正で坐骨神経痛が改善することもあります。

但し、これは当然骨盤のゆがみや骨格のゆがみが原因で症状が引き起こされている場合です。
まず坐骨神経痛を引き起こしている原因はなんなのか?を突き止めましょう。これについては坐骨神経痛を引き起こす疾患のまとめで解説しています。

注意しなければならないのは坐骨神経痛に悩んでいるほとんどの人は椎間板ヘルニアが原因であるということです。

このヘルニアによって引き起こされる神経痛の場合には前者の接骨院のような腰をひねったり骨を鳴らしたりする施術方法は基本的に逆効果になることが多いです。椎間板を下手に刺激して余計に神経の圧迫を招く恐れがあります。

電気や温熱治療も効果は基本的に実感できない

しかし、後者のような電気や温熱療法というのは実施している病院は多いものの、それだ改善したという人に出会ったことがありません。気休めか対処療法と思ったほうが良いでしょう。

痛みを無理に耐えることはよくないことですので辛いときは内服薬などの痛み止めを飲んで自分で出来るストレッチや痛みの緩和する体操をするのがオススメです。

再春館製薬所の『痛散湯』が無料で試せます

かの有名な再春館製薬所が誇る漢方薬である『痛散湯』が無料キャンペーンを実施中です。 試供品で満足した人のみに続けていってほしいという再春館製薬ならではのこだわりにより行われている無料キャンペーンです。 ⇒再春館製薬の『痛散湯』を詳しく見る