坐骨神経痛の痛みを抑える薬としては様々なものが使われます。

最もポピュラーなものはロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)でしょう。
恐らく坐骨神経痛を患っている方であれば一度は飲んだことがあると思います。

他にも、ボルタレン(ジクロフェナク)、セレコックス、リリカカプセル(プレガバリン)などが代表的な鎮痛剤として用いられています。

今回取り上げるボルタレンにもその形態によって様々な種類があり、錠剤、坐薬、湿布薬などが挙げられます。

その中でも、最も即効性があり、ロキソニンでは効かない場合に処方されることの多い坐薬を中心に見ていきたいと思います。

ボルタレンの効果効能とその特徴

ボルタレンはジクロフェナクと呼ばれる有効成分によって痛みを和らげる鎮痛・解熱剤です。

このジクロフェナクは、炎症などにより発生するシクロオキシゲナーゼと呼ばれる酵素を阻害することで痛みを感じなくさせると一般的に考えられています。

その効果ですが、基本的にはロキソニンなどで痛みが治まらない場合に処方されるので、鎮痛剤の中では最も強力なものだと認知されています。

特徴は持続時間が比較的長いこと。
症状や人によって差はありますが、だいたい6~8時間効果が持続します。

坐薬は腸に直接薬剤を送り込むので、即効性が高いです。
これも人により開きがありますが、30分もしない間に効いてくることが多いでしょう。

一般的にはロキソニンなどよりも強力な効果が期待できる反面、副作用も強力なものが多いです。

実際のところ効果はどんな感じ?

私が坐骨神経痛を患っていて、最も痛みが強かった時期に使っていたのがボルタレンの坐薬です。

当時は1日通して結構動き回る仕事をしていたため、痛みを感じながらでは仕事になりませんでした。

そのためボルタレンを処方してもらい、毎朝服用してから仕事に行っていたような感じです。

ロキソニンでも取り除けない痛みを取り除いてくれたので、当時はとてもあり難く頻繁に使っていましたが、上にも書いた通り体への影響はなかなか強いので、あまり頻繁に使うことはやはり良くありません。
当時、医師からもあまり使い過ぎないようにと釘を刺されていましたね。

幸いにも、内臓系がとても強い体質らしく、副作用を感じることは一度もなかったのですが、普通は腹痛や下痢などを起こす場合があるようです。

他にも胃に何かしらの痛みや違和感を覚える方もいるみたいですので、必ず医師の処方のもと、使うようにしましょう。
(本来、ボルタレンに代表されるジクロフェナクの薬は医師の処方でのみ手に入るものですが、並行輸入などのルートがあるみたいですので、このようなルートに頼るのはやめておきましょうということです)

ちなみに、内服薬の方は使ったことがありませんが、こちらの方の副作用としては口内炎などの炎症がみられる場合が多いようです。

坐薬・ボルタレンで効果がない場合

一般的には坐薬のボルタレンでも全く痛みが引かない場合には、最終手段として神経ブロックが使われます。

神経ブロックはペインクリニックで打つことが出来、強制的に神経伝達を阻害するため、痛みはまず引きますね。

ここで取り上げた坐薬のボルタレンもそうですし、神経ブロックもそうですが、あくまでも痛みを取り除くのが目的のものですので、それと並行して本来の痛みを引き起こしている原因を取り除くことをしっかりと考えていかなければなりません。

再春館製薬所の『痛散湯』が無料で試せます

かの有名な再春館製薬所が誇る漢方薬である『痛散湯』が無料キャンペーンを実施中です。 試供品で満足した人のみに続けていってほしいという再春館製薬ならではのこだわりにより行われている無料キャンペーンです。 ⇒再春館製薬の『痛散湯』を詳しく見る