現代の私たちにとって、当たり前の日常になった車の運転。

恐らく仕事などでも毎日のように車に乗っている方は多いと思います。

坐骨神経痛を患っている方の場合、運転には注意が必要です。

そもそも運転が原因となって坐骨神経痛になってしまったという方も沢山いらっしゃるとは思いますが、日頃から気を付けていないと、知らないうちに日々の運転の中で症状を悪化させてしまうこともあるかもしれません。

運転中の姿勢は腰にとってとても悪い

日本において、車の運転を職業とする人たちの坐骨神経痛の割合はとても多いことご存知でしょうか。

例えば、バスの運転手、トラックドライバー、タクシー運転手など。

こういった職業につく方々には坐骨神経痛の患者さんがとても多くいらっしゃいます。

トラックのドライバーに関して言えば、重い荷物の積み下ろしや、高い座席も影響してヘルニアなどの腰痛はとても抱えやすい状況だといえます。

運転がそもそもなぜ腰に悪いのか?という点に関してですが、これはあるべき健康な背骨の状態を変形させてしまうからです。

あるべき背骨のカタチというのは、いわゆる横から見た時にS字を描いている形を言います。

このS字の下の湾曲した部分が失われたり、直線的になることによってヘルニアなどの症状が発生するのです。

運転中の姿勢を思い出してほしいのですが、手と足の自由がほとんど効かない状態ですよね。

地面にしっかりついているのは左足だけかと思います。

このような姿勢で長時間座っていると、重心がそこだけに偏るため、腰にだけ大きな負担が掛かってしまうのです。

それに加え、多くの車の運転席のシートは、お尻の部分がへこんだ形になっています。

この様な形状は、上でも書いたS字を消滅させてしまうひとつの原因にもなります。

ただ、そうはいっても仕事で車に乗っているわけですので、運転を控えるわけにもいきません。

勿論、運転時間を極力短く抑えたり、1時間ごとに休憩を挟むなどの腰への気遣いが出来ればいいのですが、これも仕事をしているとなかなか難しいと思います。

ではどのように対策していけばいいのでしょうか。

クッションやタオルを有効活用しよう

運転を控えることが出来なくても、運転するときに意識的に腰への気遣いをすることによって、坐骨神経痛やヘルニアなどを悪化させずに済みます。

具体的には、クッションやタオルなどを背中におきましょう。

もしバックレストなどがある場合にはそのほうが良いですが、ない場合はクッションやタオルでも十分です。

タオルに関しては何枚か重ねておくか、もしくは折りたたんでください。

これらの対策は、上で書いたように車のシート特有の腰に悪い形を矯正するためのものです。

坐骨神経痛の場合、長時間運転していたり座ったままの姿勢が続くと次第に太ももの裏あたりがジンジン痛くなってくるものですが、この対策をすることによって大分違うのが分かると思います。

また、運転中の足の置き方も工夫することが出来ます。

腰だけに負担をかけてしまう姿勢は良くないため、意図的に重心をずらします。

そのために、アクセルやブレーキの操作をしない左足については膝を曲げるなど、両足をそろえないようにする工夫が有効です。

ただし、あまりにも左足の場所をいつもと違うところに置くと運転そのもの自体に危険を及ぼす可能性がありますので、その点は十分注意してくださいね。

意外と意識しない乗り降りについて

運転中の腰への負担は色々な場所で言われているので意識する方も多いのですが、意外と意識しないのが車の乗り降りです。

乗用車などでは基本的に車高が低いため、どうしても屈んで中腰の姿勢を保ったまま車に乗り降りすることになります。

この姿勢でぎっくり腰を起こす人もいるくらいですので、腰を既に痛めている方は十分に注意してください。

具体的にはどちらかの腕で、しっかりと座席に手をついたり、手すりをつかまったりして体を支えながら乗り降りしましょう。

くれぐれも勢いだけでの乗り降りは禁物です。

再春館製薬所の『痛散湯』が無料で試せます

かの有名な再春館製薬所が誇る漢方薬である『痛散湯』が無料キャンペーンを実施中です。 試供品で満足した人のみに続けていってほしいという再春館製薬ならではのこだわりにより行われている無料キャンペーンです。 ⇒再春館製薬の『痛散湯』を詳しく見る