年齢層関係なく発症する坐骨神経痛ですが、高齢者の方の坐骨神経痛の場合、『これから車いすになるんじゃないか・・・』とか『ずっと寝たきりになってしまうんじゃないか・・・』などと言った不安が頭をよぎると思います。

確かに高齢者の場合、若い人が掛かる坐骨神経痛とは少し原因が異なっていることが多いです。

このページを見ている方の中には、ご自身が坐骨神経痛で苦しんでいる方もいれば、ご家族が坐骨神経痛に苦しまれている方もいらっしゃると思います。

ここでは、高齢者の坐骨神経痛にフォーカスして取り上げたいと思います。

高齢者の坐骨神経痛の原因

若い人の坐骨神経痛の場合、その多くはヘルニアなどが原因になっている場合がほとんどです。

一方、高齢者の場合はどうかというと、勿論ヘルニアが原因になっていることもありますが、それ以上に変形性腰椎症などが原因になっているケースが多いと言われます。

変形性腰椎症というのは、年齢を重ねるにつれて腰椎が変形してきてしまい部分的な形が崩れてくる症状です。

腰椎の変形というのは加齢によって誰でも起こりえることですので、これ自体は仕方ないのですが、その際に坐骨神経を圧迫してしまうと神経痛として強い痛みが走るわけです。

この変形性腰椎症は40代を境に患者数が増える傾向にありますので、高齢者の坐骨神経痛の場合にはこれが真っ先に原因として思い浮かぶものになります。

また、糖尿病などの生活習慣病によっても坐骨神経痛は発症することがありますので、健康診断などを受けていて異常値がある場合には腰椎での圧迫では無く末梢神経などの圧迫によって起こっている可能性が考えられます。

このような場合には痛みと共にさらに重大な病が進行している恐れがありますので、精密検査を一度受けてみることをオススメします。

どのような治療法がオススメか

高齢者の場合も基本的な治療法は同じです。

ヘルニアや脊柱管狭窄症などの手術可能なものであれば手術するし、筋肉などの硬直や緊張によって圧迫されているのであればその緊張をほぐすようなストレッチや体操などを日常の生活に取り入れることになります。

ただし、ひとつ違うのは、若い人よりも確実に体力が落ちているということです。

体も固くなっている傾向にありますので、無理なストレッチや運動は厳禁です。

ストレッチ方法などの改善法に関しては、私が実際に行った自宅で坐骨神経痛を治す方法まとめなどで詳しく見ていただきたいと思いますが、その中でも必ず無理をしないようにやってください。

ストレッチはその通り出来なくても、自分が出来る範囲(稼働する範囲内)でやれば問題ありませんので、くれぐれも痛みを感じているのに無理にやってしまうということだけは避けるようにしてくださいね。

ちなみにですが、上で書いたように高齢者でもヘルニアなどに対する手術は可能です。

以前、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの外科的な手術は高齢者には適用外とするのが常識でしたが、医療の進化した現在では普通に行われています。

勿論若い人よりも加齢によって変形した腰椎などのために、手術自体は難しい傾向にありますが、昔心配されていた体力面などに関しては内視鏡手術などの術式の発展によって大幅に軽減されました。

ですので、高齢だからといって手術は無理と決めつけるのではなく、治療法のひとつの選択肢として視野に入れておくことは重要になります。

治療を進める上で気を付けるべきこと

これは高齢者じゃなくてもそうですが、坐骨神経痛で痛みが強いときには通院するのもなかなか大変です。

ただし、家でのストレッチや緩和方法などにはいくらでも出来ることがありますので、自分の体の動かせる範囲でやってみることが重要です。

何回も定期的に通院するということはリハビリなどが多いと思いますが、原因不明の坐骨神経痛が治ることはないのか?でも書いているようにリハビリだけで症状が緩和していく人はかなり稀です。

既に1か月以上も通っているけど一向に改善しない・・・

もしこういった状況にあるのであれば、治療法を変えてみることであっさりと痛みが引くということも十分に考えられます。

いずれにしても一つの治療法だけに偏らないように注意して下さい。

また、近くにサポートしてくれる人がいることも高齢者の方にとっては重要な要素だと思います。

すでに長い期間患っている方は分かると思いますが、坐骨神経痛というのは痛みの強い時期と弱い時期というのが交互にやってきます。

そのため、あるときいきなり強い痛みが襲ってきて日常生活すらままならなくなった時にサポートしてくれる人がいると安心です。

坐骨神経痛の名前自体がポピュラーで、症状の度合いも様々なので意外と軽視されがちなのですが、痛みが強く出る場合には本当に気を失うほどの痛みが走るものです。

いきなり強い痛みが襲ってきて、救急車すら自分で呼べない状況になるということのないように、家族の方は様々な可能性を考える必要があると思います。

再春館製薬所の『痛散湯』が無料で試せます

かの有名な再春館製薬所が誇る漢方薬である『痛散湯』が無料キャンペーンを実施中です。 試供品で満足した人のみに続けていってほしいという再春館製薬ならではのこだわりにより行われている無料キャンペーンです。 ⇒再春館製薬の『痛散湯』を詳しく見る