腰は痛くないのに、足だけがしびれるんだよなぁ・・・

と、一番初めは疑問に思い、調べているうちに坐骨神経痛と言う症状に行きあたります。

坐骨神経痛の主な原因は椎間板ヘルニアなどの用ついに原因があるものが大多数です。

腰椎と聞くと、部分的には腰なので腰部が痛くなると思いがちですし、坐骨神経自体も腰椎の根元あたりからつま先に向けて走っているため、腰が痛くなるものだと思うでしょう。

しかし、実は坐骨神経痛の症状として腰部が痛くなることは稀なのです。

坐骨神経痛、典型の症状

坐骨神経痛の症状が出る原因は、ヘルニアの場合で言えば、椎間板が押しつぶされたことによってはみ出た部分が坐骨神経に触れる、もしくは圧迫することによるものです。

椎間板が出っ張り、直接触れる部分は腰の部分なので、ここが痛くなると思いがちですが、実際には稀で、片方の足のどちらかが痛くなることが多いです。

もっと具体的に言うと、太ももの裏側やふくらはぎの外側、足の甲、足の指などに電気が走るようなビリビリっという痛みが走ります。

これが坐骨神経痛の典型的な症状です。

初めてこの症状を体験する方は、『腰が痛くないのに坐骨神経痛?別の病気なんじゃ・・・』と不安になる方も多いみたいですが、坐骨神経痛に悩む方は皆同じような症状を抱えています。

腰は痛くないというのが意外と厄介

私も初めはヘルニアと聞くと、腰が痛くなるものだと思っていました。

しかし、実際に自分がなってみると腰に痛みを感じたことはほとんど(というか一切)なく、痛みを感じているのは常に右足のみです。

腰痛とひとくくりにした場合、様々な病気が考えられますが、ぎっくり腰や原因不明の筋肉性の腰痛はその名の通り腰が痛くなりますよね。

この場合は腰に湿布を張ったり、腰を固定するためにコルセットを巻いたりすることで症状をある程度緩和することが出来ます。

その一方で、坐骨神経痛のように直接的な原因になっている患部(トリガーポイントなどと言ったりもします)と、痛みを実際に感じている部分が違う場合にはその対処の仕方がなかなか厄介です。

例えば、湿布などを張ったとしても、坐骨神経痛のように足全体に電気が走っているような症状ではどこに張るのが適切なのかがいまいちピンときません。

整形外科などでは、原因のある腰の部分に張るように指導されると思いますが、正直、坐骨神経痛は湿布で緩和されることは皆無だと実体験から個人的には思っています。

効果的な治療法をいち早く見つけるため、まずは自分の出来る範囲で構わないので、自ら積極的に改善方法を模索してみるという姿勢は完治に向かう上で非常に重要です。

再春館製薬所の『痛散湯』が無料で試せます

かの有名な再春館製薬所が誇る漢方薬である『痛散湯』が無料キャンペーンを実施中です。 試供品で満足した人のみに続けていってほしいという再春館製薬ならではのこだわりにより行われている無料キャンペーンです。 ⇒再春館製薬の『痛散湯』を詳しく見る