重度の坐骨神経痛を患っている方は『この痛みからいつ解放されるんだろう』と不安になると思います。

痛みを引き起こしている原因が人それぞれあるというのもあり、坐骨神経痛の治療にはまだまだ100%確実という方法がありません。

しかし、完治した人がいない訳ではなく、また完治しなくても生活に支障がない程度まで症状を軽くすることは可能です。

ヘルニア・坐骨神経痛は治らないものと勝手に思いこんでいませんか?

坐骨神経痛を引き起こしている原因は様々ですのでここでは代表的なヘルニアを挙げますが、こういった腰のトラブル。特に神経痛関連の症状は完治しないとか治らないと思いこんでいる人が多いのではないでしょうか。

それは単なる思い込みです。
もしくは整形外科などに行って湿布や牽引だけのリハビリと称した治療法で良くならないとあきらめている人かもしれません。

ここではっきりと断言しますが、余程特殊な例でなければ基本的に坐骨神経痛の症状は治ります。

但し適切な治療をしていない方があまりにも多すぎるのです。

症状が軽い場合はほぼ完治する

坐骨神経痛による症状が軽い場合はほぼ100%完治が望めます。

症状が軽いとは具体的に言うと、歩行や座ったり立ったりなど、生活をする上で支障がなかったり、ずっと座っていると痛くなるなど、常に痛いわけではなくたまに痛みを感じる程度のことをここでは『軽い』と表現しています。

基本的にロキソニンなどに代表される痛み止めは痛みそのものの根本を治す薬ではなく、痛みを一時的に取り除くものなので痛み止めを服用していても完治を望むことは出来ません。

しかし、症状が軽い場合は数日間の痛み止めの服用で痛みを全く感じなくなってしまう人も少なくありません。

また、数日間安静にしているだけで痛みを感じなくなる人もいるほどです。

症状が重い場合は完治は難しいが・・・

痛みで生活が満足に送れなかったり、横になっていても痛み止めを飲んでいないと寝付けないなど症状が重い場合は100%の完治は難しいことが多いです。
その場合、生活に支障をきたすレベルの症状の場合は完治を目指すのではなく、基本的には緩和療法と呼ばれる症状を軽くするための治療が行われるのが一般的です。

但し、その今の状態が重いかどうかは実際のところ自分ではわからないことがほとんどでしょう。
何故ならばここでいう思い症状というのは感じている痛み自体が大きいということよりも、むしろその痛みを起こしている原因がどれくらい治療しにくいものなのか?ということだからです。

痛みが大きい場合でも一般的なヘルニアなどの場合には完治は十分に望めます。

軽度でも重度でも長い目で症状と上手く付き合っていくことが大事

完治が出来るとは言いましたが、ひとつ気を付けておかなければいけないのは坐骨神経痛というものは持病的なもので、一度治ったと思ってもまた痛くなることが多々あるということです。

これは坐骨神経痛などを引き起こした根本的な症状が普段の生活習慣に起因するものが多いからとも言われています。

実際にヘルニアは事故の衝撃や強い外的なダメージによっても発症しますが、多くの場合は普段の姿勢や遺伝などによるものです。

めんどくさいですが、痛くなくても念のために痛み止めを持ち歩いたり、姿勢に日常生活から気を使うなど坐骨神経痛と上手く付き合っていくという感覚が大切です。

再春館製薬所の『痛散湯』が無料で試せます

かの有名な再春館製薬所が誇る漢方薬である『痛散湯』が無料キャンペーンを実施中です。 試供品で満足した人のみに続けていってほしいという再春館製薬ならではのこだわりにより行われている無料キャンペーンです。 ⇒再春館製薬の『痛散湯』を詳しく見る