坐骨神経痛の症状は、腰回りや臀部(おしり)の部分に出ることが多いですが、それだけではありません。

太ももや膝、足の甲などに電気が走っているようなビリビリとして感覚やズキズキとした激痛を感じている方も多いのではないでしょうか。

痛みが出ている場所が普通と少し違ったりすると、病院に行こうにも、そもそも何科に行ったらいいんだろうという疑問が出てきますよね。

勿論、このサイトで繰り返しお伝えしているように慢性的に続く坐骨神経痛の痛みというのは自宅でのストレッチなどを適切に行うことによって完治に向かっていくのですが、痛みがあまりにも強い場合などは一旦、専門家に見てもらった方が安心です。

まずは整形外科にかかるのが正解だが・・・

自分の感じている痛みや症状が坐骨神経痛の特徴と一致している場合、基本的には整形外科に行きましょう。

坐骨神経痛は上に挙げた太もも、膝、足の甲以外にも様々な部分に症状が出ることが考えられますが、どの部分に症状が出たとしても基本は整形外科で問題ありません。

具体的な部位としては、膝の裏、ふくらはぎ、足の指、足の裏などに痛みが出る場合が考えられます。

更には痛みの感じ方も、『電気が走ったような感じ』と表現する人もいれば『血が流れるたびにズキズキと痛む感じ』と表現する人もいますので、自分の感じている痛みが一般的に言われているものと多少違ったとしても、過度に不安になる必要はありません。

さて整形外科に行くことは分かりました。
ただ、整形外科に行ってすぐに原因が分かる方は少ないはずなんですね。

整形外科の場合、一般的にはまず問診を受け、そこからレントゲンを撮って診断を受けるという流れになります。

その後の診断で腰椎がずれていたり、ヘルニアが見つかる場合などは良いのですが、多くの場合は『坐骨神経痛でしょうね』という診断を受け、『さらに詳しい原因を探るためにはMRIなどの精密検査が出来る所を紹介します』と言われます。

そして具体的な処置としては、湿布、ロキソニン、セレコックス、ボルタレンなどの痛み止め、コルセットというのが基本です。

街中の整形外科(クリニック)にMRIやCTなどの精密検査器具が置いてあることは稀ですので、ここから紹介を受け、精密検査に進んでいく形になります。

その後の代表的な治療の流れと掛かる病院

整形外科にまず初めにかかり、その診断やその後の経過を見て、今後どのような治療を受けていくのかを決めていく訳ですが、考えられる代表的な流れを簡単にまとめてみたいと思います。

整形外科だけで治ってしまうケース

まず一つ目は、整形外科だけで症状が治まってしまうケースです。

坐骨神経痛で悩んでいる私たちからしたら、これが最も理想的ですよね。

これは整形外科で処方された痛み止めを飲み続けていることによって、時間の経過と共に自然と痛みを感じなくなってしまうパターンです。

また、最近の整形外科のクリニックには病院の中にリハビリテーション科などがあるところも増えています。

初診が終わった後の通院では基本的にリハビリがメインになりますが、具体的には牽引や温熱療法、電気療法などが行われます。

これによって改善に向かう方もたくさんいます。

このように整形外科だけで症状が治まってしまう場合は、それ以降の治療を受ける必要はありません。

坐骨神経痛になったばかりの痛みの強い時期(急性期という)に立てないほどの激痛があったとしても、痛み止めを飲み続けることで自然に治ってしまう人も多いのが実際です。

より精密な検査を受けるケース

坐骨神経痛を患った方に多いのがこのケースです。

レントゲンでは映らなかった坐骨神経痛を引き起こす原因を、精密検査で見つけようというものです。

基本的にはMRIを撮ることが多く、大学病院、もしくは検査専門の医療センターのような場所を紹介されます。

現在はMRIのデータはCD-ROMで渡されるので、これを持参して再度整形外科に行く流れです。

鍼灸や整体などに頼るケース

痛み止めを飲み続けても一向に良くならない。

精密検査はしてみたけど、明確な原因が分からない。

といったような場合には、鍼灸や整体も選択肢の一つとして挙げられます。

ただし、これらの治療は基本的に保険適用外なので金額的負担が大きいですし、なによりそれを長い間続けなくてはならないというのが最大のネックです。

痛みが強すぎて神経ブロックを考えるケース

夜眠れないなどの激しい痛みで普通の生活すらもままならない場合、神経ブロック注射で痛みを取り除くため、ペインクリニックが考えられます。

痛みを伝達する神経そのものに局所麻酔を打ち込み、伝達そのものを強制的に遮断するものです。

強制的にと聞いたり、神経ブロックという言葉を聞くとかなり怖いイメージを持たれますが、実際にはイメージと違う実態があります。

詳しくは、坐骨神経痛にペインクリニックは有効?その治療法と特徴神経ブロック注射の費用や副作用・効果時間について正しく知っていますか?なども合わせてご覧ください。

その後の治療はあなた次第という現実

そんな不親切な・・・と思われるかもしれませんが、事実、整形外科で診断を受けた後に精密検査を受けるという決断をするのも痛みが強すぎるからペインクリニックに行くという決断をするのも、自分次第です。

勿論、整形外科の先生として、『痛みが強い場合はこんな方法がありますよ』とか『あまりにも長い間痛みが続く場合はこんな方法も考えられますよ』という選択肢は示してくれますが、あくまでもそれは選択肢でしかありません。

最終的に決断をしてどのような治療を受けるのかは自分次第なんですね。

治療の選択については、坐骨神経痛に限って特別に言えることではありませんが、神経痛などの強い痛みを伴う病気は特に顕著だと思います。

その理由は、痛みは人それぞれだからです。

例えば、糖尿病であれば血液中のブドウ糖の占める割合、つまり血糖値が空腹時で70~109mg/dl、食後2時間で140mg/dl未満という数値内であれば問題なしなど、多くの病気の治療法の判断には客観的なデータというものが存在します。

糖尿病の例で言えば客観的なデータは、空腹時で70~109mg/dl、食後2時間で140mg/dl未満という基準値のことですね。

このように客観的に判断できるデータというものが痛みには存在しないんです。

痛みを表す指標って聞いたことありませんよね。

もっと言うと、『このくらいの痛みだから大丈夫』、『これくらいだからダメ』という判断が出来ないわけです。

医療系の勉強をしたことがある方なら聞いたことがあるかもしれませんが、患者さんが感じている痛みというのは、その人が限界だと思ったときが限界だと教えられるそうです。

人によって痛みに強い人、弱い人がいます。

その人の感じる限界が、体の耐えうる限界の痛みだということになります。

話は少しそれましたが、つまりは坐骨神経痛の治療に関して言われたとおりにしていれば良いという考えは危険で、自分から積極的に正しい知識を知り、適切な判断をすることが重要になってきます。

再春館製薬所の『痛散湯』が無料で試せます

かの有名な再春館製薬所が誇る漢方薬である『痛散湯』が無料キャンペーンを実施中です。 試供品で満足した人のみに続けていってほしいという再春館製薬ならではのこだわりにより行われている無料キャンペーンです。 ⇒再春館製薬の『痛散湯』を詳しく見る